外国為替協同組合

専業FXトレーダーがデイトレでオリジナルGMMA手法を駆使してトレンドフォローでトレード

TOP > トレンドラインの引き方について > FXで生き残るためのトレンドラインの引き方や重要性について

FXで生き残るためのトレンドラインの引き方や重要性について


こんにちは、ATSです。


一週間お疲れ様でした。


今週は豪ドル/ドルの戻り売りのみを狙っていましたがシナリオ通りにレートが動かなかったためトレードを一度もしておりません。ですので、今週は週間収支について書くことがないため何か別のことを書こうと思っておりました。


ちょうど昨日、水平線の引き方についての記事を書いたので今日はライン繋がりで「トレンドラインの引き方」をご紹介していきます。「水平線の引き方」の記事では主に初心者の方向けにご紹介したのですがこれから紹介します「トレンドラインの引き方」は初心者の方はもちろん、中級者、上級者の方にも役に立つ情報ではないかと思います。


まず、トレンドラインというのは高値同士、安値同士にラインを引きます。高値同士に引く場合は右肩下がりの下降トレンドラインとなり、安値同士に引く場合は右肩上がりの上昇トレンドラインとなります。世界中のトレーダーに使われているトレンドラインですが、ただ単に高値と高値、安値と安値を結べば良いというわけではなく、トレンドラインの本当の使い方を説明したいと思います。

▼参考
トレンドラインを二重に引く方法とその効果



トレンドラインの重要性



FXブログやYOUTUBEのFX動画などを暇な時に見聞きするのですが、その中でよく「トレンドラインは引く人によって場所が違うからあてにならない」と仰ってる方がおりトレンドラインを軽視している方がよく居ます。


自分は水平線よりむしろトレンドラインの方が重要だと思っており、それはなぜかと言うと相場はN字で動いていますので水平線かトレンドラインかどちらか選べと言われれば絶対にトレンドラインを選びます。レートは必ず斜めに動いていきます。ですからレートが斜めに動くということは絶対にトレンドラインが必要になってくるのです。


トレンドラインを重要視していない方や毛嫌いしている方、トレンドラインの引き方がわからない方に下記にわかりやすくご紹介したいと思います。



一つの時間軸だけに引いても意味がない



トレンドラインは一つの時間軸だけで使うものではなく、月足⇒週足⇒日足⇒4時間足⇒1時間足⇒15分足といったようにマルチタイムでトレンドラインを引いていき各時間足に落とし込んで相場の環境認識をしていきます。ただ慣れるまでは日足か4時間足にまずトレンドラインを引き1時間足⇒15分足といった感じで落とし込まないとチャートが複雑になり何がなんだかわからなくなるので気をつけて下さい。



どこを起点にトレンドラインを引くのか



前置きが長くなりましたがここからが本題になります。


皆さん、トレンドラインを引く際にどこを起点にトレンドラインを引いていますか?


私は下降トレンドの場合は直近安値をブレイクした起点に、上昇トレンドの場合は直近高値をブレイクした起点にトレンドラインを引いています。


下記のチャートをご覧ください。(ユーロ円日足チャート)
※チャートに右端はわかりやすく説明するため塗りつぶしております


FXにおけるトレンドラインの引き方と重要性


下落トレンドの場合を例に説明すると、直近安値の白ラインを下にブレイクした起点はピンクで囲んだ箇所となりそこの高値部分を起点にトレンドラインを引きます。


次に直近安値をブレイクした時が以下のようになります。新たに直近安値をブレイクしていくたびにトレンドラインを引き直していきます。


FXにおけるトレンドラインの引き方と重要性



FXにおけるトレンドラインの引き方と重要性


徐々にトレンドラインの位置が変わってきているのが分かるかと思います。このように安値をブレイクしたらブレイクした波の高値にラインを移動していきます。この段階でチャネルラインも引けるので引いておきます。チャネルラインの引き方はトレンドラインの一番最初の起点となった高値から直近安値をブレイクしたピンクで囲んだ波の最安値の箇所から引きます。


トレンドラインを選択してCtrlボタンを押しながら移動させると簡単です。


チャネルラインの引き方


下記チャート画像でチャネルの中にN型が出来ているのが確認できるかと思います。


チャネルラインの中のN理論



まとめ


このように日足にトレンドラインを引きチャネルラインを引けるようなチャートを形成していたらチャネルラインも引き、そこから4時間足にチャートを切り替え日足チャートでやった事を繰り返します。それを15分足チャートまで落とし込んでいくとエントリーするべきポイントや日足に対してトレンドフォローしているのか逆張りをしているのかがすぐに理解することが出来ます。


少し長くなりましたが、トレンドラインの引き方を説明させて頂きました。


この情報が皆さんの役に立てれば幸いです。


▼参考
チャネルラインを正しく引ければ相場の方向が予測できる


【TAG】 FX トレンドラインの引き方 


私が使用している手法は無料で読者の皆様に配布しております。
本気で勝ちたい方は、下記アドレスより件名に【手法希望】とご記入いただきご送信下さい。

pet_type_voyage_0604☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

※当方よりメルマガや悪質なメール等を送信することは一切ありませんのでご安心下さい。

この記事が役に立ったと思ったら押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
関連記事

 トレンドラインの引き方について

Designed by Akira.

Copyright © 外国為替協同組合 All Rights Reserved.