外国為替協同組合

専業FXトレーダーがデイトレでオリジナルGMMA手法を駆使してトレンドフォローでトレード

TOP > チャートパターン集 > 勝率と信頼度が高い鉄板チャートパターン

勝率と信頼度が高い鉄板チャートパターン


こんにちは、ATSです。


狙っている豪ドル/ドルの戻り売りのポイントにレートが戻ってこずにダラダラと下げている状況なのでトレードできずにいて暇です。ですので、今日は私がこれまでのトレードの中で勝率が高く信頼できると感じた鉄板チャートパターンをご紹介したいと思います。


チャートパターンとは、有名どころだとダブルトップ、ダブルボトム、三尊(ネック&ショルダー)、トライアングル、ウェッジなど様々な種類のチャートパターンが存在しますが、今回はあるチャートパターンから値幅予測までしてトレードしていく一例を説明します。


まずは下記の15分チャート一覧をご覧ください。



パターンの頻度が比較的多い



■ドル円 15分足チャート
鉄板チャートパターン

■ユーロ円 15分足チャート
鉄板チャートパターン

■ドル/スイスフラン 15分足チャート
鉄板チャートパターン


今回は買いの場合のチャートパターンについて説明致します。


このチャートパターンは比較的に出現頻度が高くて一番最後のドル/スイスフランのチャートについてはリアルタイムで出現中です。簡単に説明すると、下落中に2番底をつけ、ネックラインを上にブレイクしたあとに最初のネックラインでサポートされたのを確認(2番目のピンク○印)したら1番目のピンク○印からの水平線を上にブレイクした所(緑○印)でロングエントリーします。


利益確定は2番底からネックラインを上抜けた高値を結んだ値幅と上ブレイク後のネックラインまでの戻り安値(2番目のピンク○印)から目標到達レートまでは大体イコールになる場合が多いので、その値幅と同じ値が利益確定するポイントになります。損切りは、最初のネックライン(一番下の水平線)に設定します。



まとめ



この手法をまとめると以下のようになります。


#1 下落トレンド中に2番底を確認する

#2 2番底をつけたらネックラインに水平線を引く

#3 引いたネックラインの水平線付近までレートが落ちてくるのを待つ

#4 直近高値に水平線を引き上にブレイクしたらロングエントリーする

#5 2番底から直近高値までラインを引き値幅を計算し到達予想レートを算出する

#6 OCO注文ですぐにネックラインの水平線に損切り、算出したレートに注文を入れる



最後に



今回は15分足チャートでご紹介しましたので、そこまで多くの値幅は期待できませんが1時間や4時間足でも応用可能ですので長いタイムフレームでトレードすれば取れる値幅も自然と多くなりますが、その分出現頻度も少なくなります。


このチャートパターンは勝率も比較的高く、利益確定ポイントと損切りポイントがはっきりしていて非常にわかりやすく自分の中では鉄板のチャートパターンですので覚えておいて損はないと思います。


今回は買いの場合のチャートパターンを説明して売りのパターンはご紹介していませんが単純に買いの逆のチャートパターンになりますので、もちろん売りの場合でも有効です。


■ドル/スイスフラン 15分足チャート
鉄板チャートパターン


この記事を執筆中にドル/スイスフランが目標ポイントに到達しました。このようにかなりの確率で目標レートまで到達し、勝率も信頼度も高いのがわかります。


また、暇な時や書くことがない時はパート2、パート3とご紹介していきたいと思います。


皆さんのトレードに少しでも役立てばと思います。


▼参考
トレンドフォローするための超基本的な鉄板チャートパターン


【TAG】 FX 鉄板チャートパターン


私が使用している手法は無料で読者の皆様に配布しております。
本気で勝ちたい方は、下記アドレスより件名に【手法希望】とご記入いただきご送信下さい。

pet_type_voyage_0604☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

※当方よりメルマガや悪質なメール等を送信することは一切ありませんのでご安心下さい。

この記事が役に立ったと思ったら押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
関連記事

 チャートパターン集

Designed by Akira.

Copyright © 外国為替協同組合 All Rights Reserved.