外国為替協同組合

専業FXトレーダーがデイトレでオリジナルGMMA手法を駆使してトレンドフォローでトレード

TOP > 【デイトレ】オリジナルGMMA手法 > オリジナルGMMA手法でのデイトレ エントリーから決済まで 9/26

オリジナルGMMA手法でのデイトレ エントリーから決済まで 9/26



こんにちは、ATSです。


オリジナルGMMA手法による本日(9/26)のデイトレの内容を公開します。


※ロジック解明防止のため一部伏せます。


今週はまだ一度もトレードしておらず、特段書くことも無かったので昨日はブログをお休みしました。


今月も勝ち越していることと最終週ということもあり極力エントリーは避けて行こうと思っています。


そこで今週は、日曜日にご紹介しました豪ドル/ドルのショートエントリーのみに狙いを絞り下記チャートパターンにならない限りは一切取引をしないつもりです。


▼参考
移動平均線とフィボナッチでシンプルにチャート分析した今週の注目通貨ペア 9/25~9/29


もちろん自分が考えているシナリオ通りにレートが動かない場合はノートレードも有り得ます。


下記に豪ドル/ドルについての今週の戦略を記載します。



9/26 GMMA手法によるデイトレ エントリーから決済まで



■9/24時点での豪ドル/ドル 4時間足 リアルタイムチャート
キャプチャ6


■豪ドル/ドル 4時間足 リアルタイムチャート
移動平均線とフィボナッチでシンプルにチャート分析


9/24(日)に建てた戦略通りにレートが動くと仮定すれば、今現在のレートから黄色横ラインのフィボナッチ61.8%辺りまでもう一度戻してくると思われますのでそこで戻り売りをする予定です。


エントリーできた場合の損切りは、黄色ラインのフィボナッチ61.8%相当の0.7981より少し上の0.8000に設定。


利益確定は直近安値付近で分割決済を行い、残りのポジションを赤色横ラインの0.7787あたりまで引っ張る予定。


■豪ドル/ドル 1時間足 GMMAリアルタイムチャート
GMMA,手法,fx,チャート分析


1時間足のGMMAチャートで見ると、白色水平線の辺りでの戻り売りになります。


1時間足レベルでは短期移動平均線と長期移動平均線がデッドクロスしており移動平均線群が綺麗に拡散していることから下落トレンドを示唆しています。


また4時間足レベルでも戻り高値が切り下がってきているのもポイントです。



まとめ



まとめますと、今週の戦略は豪ドル/ドルの戻り売りを狙っており上記4時間足チャート画像のようなチャートパーンやシナリオ通りにレートが動かない場合は今週はノートレードで9月を終える可能性もある。


他の通貨ペアに一切手を出さず豪ドル/ドルのみに狙いを絞り、すでに今月の目標利益は達成しているため機会損失は一切考慮しません。


エントリーできた場合はまた報告させた頂きます。


【TAG】 デイトレード GMMA 手法 豪ドル ドル


私が使用している手法は無料で読者の皆様に配布しております。
本気で勝ちたい方は、下記アドレスより件名に【手法希望】とご記入いただきご送信下さい。

pet_type_voyage_0604☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてください

※当方よりメルマガや悪質なメール等を送信することは一切ありませんのでご安心下さい。

この記事が役に立ったと思ったら押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
関連記事

 【デイトレ】オリジナルGMMA手法

Designed by Akira.

Copyright © 外国為替協同組合 All Rights Reserved.